道院行事
Shorinji Kempo

道院行事とは

金剛禅総本山少林寺の行事

金剛禅総本山少林寺の行事とは、金剛禅を修行する門信徒一人一人が、行事を通じて開祖宗道臣先生の志に思いを馳せ、行としての少林寺拳法の意義を再確認し、「人として生きること」について理解を深めるために執り行われます。一年を通じて下記の行事が執り行われています。

入門式

道院に新たな仲間を迎える行事です。新入門者は門信徒と参列者の前に立ち、入門の決意を誓います。入門式において道院長より話される法話は、生涯続けていく金剛禅の修行において、最も大切な事柄になります。入門式は、金剛禅の修行をする門信徒にとって、一生に一度しかない大切な儀式で、この日を境に、「本当の強さ」と「生きることの意味」を日々考え、行動する人間へと変わっていく第一歩を踏み出します。

新春法会

新春法会(ほうえ)とは、そこに集う皆で新しい年を祝うとともに、金剛禅総本山少林寺の聖典である「教典」を一緒に唱和したり、門信徒代表による決意表明を行い、道院長の年頭法話を聴いて、心新たにして一年の第一歩を踏み出すための行事です。
あわせて、允可状や精勤賞の表彰状の授与も執り行なわれ、皆で祝福します。

開祖忌法要

初代師家・宗道臣(以下、開祖と言う)の命日である5月12日に、開祖の「志」に思いを馳せ、遺徳を偲び、その偉業を称えて感謝する行事です。そして、あらためて、開祖の志を自分の志として、自己完成への道と人づくりの道に精進することを心に誓う行事です。

達磨祭

達磨祭とは、達磨大師の命日とされている10月5日またはその前後に、祖師達磨大師を礼拝し、その遺徳を偲ぶとともに、そこに集う皆で「拳禅一如」の修行に一層精進することをお互いに誓い合う儀式です。

■退職その後の人生の選択「住職」

我が道院のOB有段者63才のその後人生は住職を紹介します。道院入門動機は、それも奉仕活動中(草刈り)に訪ねて来られ再入会されました。
YouTube版で紹介!

○飛騨安国寺のHPより抜粋
・古い資料には飛騨安国寺の旧名として「少林寺」と書いてある。ガイドブック「安国寺風土記」にも「前身が少林寺」と書いてあるので、「少林寺」というお寺があった場所に安国寺を建てたものであろう。・・・岐阜県揖斐郡の安国寺との関係は不明
HP飛騨安国寺
– – – – 
元拳士今住職Hさんからメール・・・↓
〇〇年四月から岐阜県揖斐郡池田町のお寺「安国寺」に入りました。
ここ池田町は人口24000人、お寺から5分で池田温泉があります。
お肌ツルツルになりますよ。いつでも癒しに来てください。
一昨日放映のYouTube版をお知らせいたします。

https://youtu.be/3D7TsPdIKS0
【ニュースOne】くらしの作文「鐘の音」

f:id:jin-good-g-martial-arts:20210601073616j:plain〇〇拳士(中央)は偶然にも勤続20周年記念式典に主座でした。柏原リビエール於て

■徳を積む(自分に出来ることから)BlogTOP

f:id:jin-good-g-martial-arts:20200612215635j:plain f:id:jin-good-g-martial-arts:20200612220500j:plain f:id:jin-good-g-martial-arts:20200612222746j:plain

徳を積む (自分に出来ることから)
昇格考試3名が挑み指導の副道院長・助教が、スポ少支部長も関わってくれて技術の指導をしてくれました。教えた拳士がまた、引き継ぎ、拳士に教えを繫いでくれた。徳を積み、報恩の誠を尽くさん、と報われました。この金剛禅運動に感謝致します。@合掌 次世代ネットワークの推進をしましょう。

■新型コロナウィルス感染拡大防止で人類が一致協力

新型コロナウィルス感染拡大防止のため、この時にこそ世界がワンチームとなり一致協力してたたかい終息を願っています。寄って道場での修練は出来ませんが、リモートで約半数が修練に参加している状況です。これまでのブログを紹介、まとめてみました。多い時には170件/日アクセスをありがとうございます。
■<入門・体験のご案内>    
http://jin-good-g-martial-arts.hatenadiary.com/entry/2018/05/19/202635
■少林寺拳法は自分の可能性を見つけるもの 
http://jin-good-g-martial-arts.hatenadiary.com/entry/2020/01/13/175503
■武道歴を振り返る
http://jin-good-g-martial-arts.hatenadiary.com/entry/2020/01/04/173105
■たかが少林寺拳法、されど少林寺拳法
http://jin-good-g-martial-arts.hatenadiary.com/entry/2018/08/02/090030_1
■心身一如・精神修養とは
http://jin-good-g-martial-arts.hatenadiary.com/entry/2018/03/19/233415
■拳民ファーストに徹して改革を行う
http://jin-good-g-martial-arts.hatenadiary.com/entry/2018/08/28/184608
■地域とコラボする演武発表会(勤続33周年記念)
http://jin-good-g-martial-arts.hatenadiary.com/entry/2018/04/30/171554

 

■10月14日達磨祭を行いました。

10月14日 達磨祭を粛々と行いました。
達磨祭式典後は、子供たちは茶話会とお楽しみ会があるので、いつも楽しみにしています。しかし、今回は発表会と受験もあるので、縮小して300本の基本突き蹴りと技術科目のレベルアップしました。その後は、茶話会を実施、いつも保護者には、スーパーへ買出しゴミ片付け、頂いていますのでいつも助かっています。子供達には、絵本プロジェクトを実施、この度はパソコン画面で行いました。神宮寺では、終わったあとに、個々に感想を聞いて、ストーリーについて良い悪い、疑問を投げかけて、意見交換して、皆で考えるようにしています。その後の練習もなぜか活気ついてきます。一般部も珈琲等で茶話会をいつもより長くなりました。道院長もゆっくり癒されました。合掌

式次第、主座はいつも副道院長から準備いただいています。

大阪八尾・柏原で〜少林寺拳法大阪神宮寺道院

 #少林寺拳法 八尾市 柏原市 
https://shorinji-osaka.jp/wp/112252/aboutus/cho

■絵本から法話へと導く

子供へ法話の仕方 ・ 法話を子供に分かり易い絵本の魅力で惹き付ける~、道徳心に導き咀嚼し~、副読本に持っていく、心の教育が大切です。学科と実技の両輪が必要であり、知識は記憶する学び、考える力の違いをしっかり教える。一方で護身練鍛では運動能力を高めて汗をかいて、より多く反復運動することの意味を教える。 少林寺拳法の文武両道とは〜 演武構成の記憶力を高める為、楽しみながら身体を動かして耐え忍ぶ。少林寺拳法の教育システムはまさしく文武両道ではなかろうか。 高齢者化社会の運動〜 演武構成の内容を暗記して身体を動かして見ることで、認知力を高めて行く。科学的にも認知アップにつながっていると証明されて来ています。 少林寺拳法のこれから〜 社会ニーズに合わせていく柔軟性持ち、学歴オンリー社会にサプリメントとして補う為、生きる力をを補い、コミュニケーションを補い、ゲーム社会では希薄になる秩序、武道の精神と、躾けを学びて、生きる力をより強く、ひとりひとりを変えて行く。